もりろぐ
いわて暮らしを、もっと素敵に

当記事では、PRを含む場合があります。

グルメ

filo盛岡のランチをクチコミレビュー!中の橋で高級イタリアンが楽しめるお店

盛岡市中の橋にあるfilo (フィーロ)を紹介します。

お店に向かうと、お店にたどり着くまでの道から素敵な雰囲気に包まれます。filo (フィーロ)は記念日や特別な日にぜひ利用したい、ちょっと高級なイタリアンのお店です。

filo (フィーロ)の短角牛がとにかく絶品です。

filo盛岡のランチをクチコミレビュー

filoで短角牛のコースランチを堪能したときのレビューを紹介します

4,200円のランチコースBに、プラス600円で短角牛に変更できるプランを注文しました。このときのメニューと、お店の雰囲気のレビューを紹介します。

  • 前菜
  • パスタ
  • 短角牛
  • お店の雰囲気

それぞれ写真付きで紹介します。

前菜

filoのコース料理の「サラダと前菜盛り合わせ」は、これだけでもランチになりそうなほどとても豪華で、料理が運ばれてきた瞬間から嬉しい気持ちになります。ひとつひとつが美味しくて、丁寧に作られているのがわかります。

こんなに豪華なのに、この後のパスタやお肉までペロリと食べられてしまうから不思議です。見た目も満足できるから、たくさん食べる男性とのデートにもぴったりです。

パスタ

選べるパスタは3種類から選べます。写真の手前は「県産牛とラグーのストロッツァプレティ」、奥は「アサリと帆立、焼きナスとブロッコリーのストラッシナーティ」とのことで、聞きなれないカタカナが並んでいました。

ストロッツァプレティはらせん状にひねって作る手打ちのショートパスタ、ストラッシナーティは丸めた生地を引っ張って作る平たいパスタのことなんだそうです。

そのとおり、運ばれてきたパスタは生麺のもちもち感がとても美味しかったです。量も、メインのお肉の前にちょうどよいボリュームでした。

短角牛

filoの短角牛は、忘れられない美味しさでした。

いわての短角牛は、脂肪分が少なく赤身の高タンパクで、旨みのもととなるアミノ酸をたっぷり含んでいるそうです。filoでは、そんな希少な短角牛を贅沢に堪能することができます。

噛むほどにお肉のうまみを感じられる、最高のお肉でした。最後まで食べてもさっぱりしていて、お肉の前に前菜やパスタもしっかり食べているのに全く重くありません

個人的に盛岡で食べたお肉料理の中でNo.1です

いわての味を味わえるのも魅力なので、岩手に住む人はもちろん、観光の方にも食べてほしい一品です。

お店の雰囲気

filo (フィーロ)は古い蔵を改装して造られたというお店のため、全体的に味わいのある雰囲気を感じます。1階にはカウンター席、2階にはテーブル席が並んでいます。

お店は決して広くなく、こじんまりとしたアットホームな印象です。静かな大人な空間で、美味しいいわてのイタリアンをぜひ味わってみてください。

filo盛岡のアクセス・お店情報

  • 住所: 岩手県盛岡市中ノ橋通1丁目3−21
  • 営業時間
    ランチ:11:30~15:00(L.O 13:30)
    ディナー:18:00~22:00(L.O 20:30)
    ※日曜日はランチのみ営業
  • 定休日:月曜日
  • 公式サイト:https://filo-morioka.com/

※情報が古くなっている場合がありますので、最新情報は公式サイトにてご確認ください。

まとめ

filo (フィーロ)盛岡は、隠れ家のような可愛いお店でおいしいイタリアンを楽しめる素敵なお店でした。特に短角牛のステーキがびっくりするほど美味しくて、美味しいお肉を食べたいなら迷わず選んでほしいお店です。

まだ行ったことがないなら、ぜひ訪れてみてください。