もりろぐ
いわて暮らしを、もっと素敵に

当記事では、PRを含む場合があります。

子供の遊び場

安比高原2024紅葉の時期はいつ?秋の観光レビューや料金も紹介

秋に安比高原に行くなら、紅葉が楽しめると嬉しいですよね。

この記事では、2023年秋に安比高原に観光に訪れたレビューを紹介しながら、紅葉の見頃時期や料金について紹介しています。2023年の10月上旬に行ったので、そのときの紅葉の進み具合から、紅葉を狙うなら2024年にはいつ頃行けばいいか参考になると嬉しいです。

なお、安比高原では、夏・秋のシーズンに恐竜パークが開催されていたのでそちらもあわせて紹介します。

安比高原2024紅葉の見頃時期はいつ?

安比高原の紅葉の見頃時期は例年10月上旬〜10月中旬とされています。

しかし、2023年は10月8日の時点でほとんど紅葉は見られませんでした。2023年は夏の暑い時期が長かったため、紅葉が遅れていたようです。そのとき安比高原のホワイトボードには、2023年の紅葉は「例年より10日ほど遅れています」との情報がありました。

安比高原は紅葉がなくても充分楽しめますが、可能であれば紅葉の時に行けたらやっぱり嬉しいですよね。2024年に紅葉の時期を狙って安比高原に行くなら、10月下旬〜11月頭にかけての時期をおすすめします。

安比高原秋の観光レビュー|天空エリア

安比高原の楽しみ方は、ゴンドラに乗って天空エリアに進まないと始まりません。

天空エリアは季節やその年によりさまざまな楽しみ方がありますが、2023年の夏から秋の時期にかけては恐竜パークが開催されていました。

2023年秋の天空エリアのレビューと、飲食店情報も紹介します。

  • アートゴンドラ
  • 恐竜エリア
  • 山頂アスレチック
  • 山頂ギャラリーカフェ
  • トランポリン
  • 天空エリアに飲食店はない

2023年は恐竜パークは2023年11月5日までの開催だったため期間限定の情報もありますが、ぜひ参考にしてみてください。

アートプロジェクトゴンドラ

天空エリアに行くゴンドラは、このときは写真家・アートディレクターとして活動されている蜷川実花さんのデザインが目玉となっていました。

すべてのゴンドラが蜷川実花さんデザインというわけではなく数台のみのため、何台かに1台回ってきます。運良くアートゴンドラに乗れたら嬉しいですが、アートゴンドラは窓一面がアートになっているため外の景色はほとんど見えません。

ゴンドラは基本的には選べないため、アートゴンドラに当たったらアートの世界感を楽しみ、当たらなければ安比の大自然の景色を楽しもう、というくらいの気持ちでいた方がいいかもしれません。

恐竜エリア

ゴンドラを降りて天空エリアに到着すると、恐竜エリアでたくさんの恐竜を見つけることができました。

恐竜は近くにいくと動いたり鳴いたりするので迫力があります。恐竜好きな子どもなら飽きることなく散策できるでしょう。

大自然の中にところどころ見つかる恐竜は大人にとっても面白い風景です。山道を散策しながらぜひ立ち寄ってみてください。

山頂アスレチック

天空エリアにはアスレチックもあり子どもの好奇心がくすぐられます。

しかし、安比高原天空エリアのアスレチックは救命道具をつけて遊ぶ本格的なアスレチックです。そのためこちらのアスレチックは小さい子ども用ではなく、対象年齢は10歳以上となっています。

アスレチックで10歳未満の子どもを遊ばせられないのは残念ですが、天空エリアには他にも天空ブランコ、スカイデッキ、トランポリンなどがあります。アスレチックが利用できなくても、他の楽しみが多いため10歳未満の子どもも退屈せず過ごせるでしょう。

山頂ギャラリーカフェ

天空エリアにはギャラリーカフェがあり、ドリンクのセルフサービスが利用できます。コーヒー、紅茶、ジュースなどが用意されています。

アートが飾られた素敵な空間で外の景色を眺めながら休憩できるのは嬉しい空間です。

天空エリアで飲食が提供されているのはここだけなので、ぜひ利用してみましょう。

トランポリン

天空エリアに用意されている大きなトランポリンは、子どもが一番喜ぶ場所です。

トランポリンは、広くてしっかりした造りです。小さな子どもから小学生くらいまで思いっきり遊ぶことができます。

山の散策をしながら子どもをトランポリンで遊ばせられる場所はなかなかありません。大人にとっても子どもにとっても楽しい思い出になるでしょう。

飲食店

天空エリアに飲食店はありません

飲食したい場合は、山頂付近に休憩スペースがいくつかあるので、安比高原に到着する前にコンビニなどで軽食やお菓子など買ってきて食べるのもおすすめです。ただし、コンビニは安比高原内にはないので安比高原に到着する前に寄ってくるといいでしょう。

ゴンドラを降りてリゾートセンターまで戻れば、おしゃれなカフェがあり軽食がいただけます。オフシーズンの場合、ホテル以外の飲食店はここだけなので、お昼時間は混むことが予想されます。

時間配分やテイクアウトをうまく利用して安比高原を楽しみましょう。

安比高原秋のゴンドラ料金

安比高原の夏・秋シーズンのゴンドラ料金は下記のとおりです。

Summer 2023.7.1(土) ~ 2023.10.6(金) 大人¥3,500
(web割¥3,200)
小学生¥2,500
(web割¥2,200)
Autumn 2023.10.7(土) ~ 2023.11.5(日) 大人¥1,750
小学生¥1,250

小学生未満は無料です。

最新情報は公式サイトを確認しましょう。

ゴンドラ料金を支払うことで天空エリアに行くことができ、下記の施設をすべて利用できます

  • アートゴンドラ(台数が少ないため運良く当たれば)
  • 恐竜パーク
  • 天空ブランコ
  • トランポリン
  • 映像インスタレーション
  • スカイデッキ
  • 山頂ギャラリーカフェ
  • 安比山頂神社
  • 展望台
  • トランポリン
  • 天空アスレチック

山頂ギャラリーカフェではソフトドリンクも飲み放題となっています。

天空エリアに飲食店はないため軽食やお菓子を持ってでかけると、より楽しめるのでおすすめです。

まとめ

安比高原の秋のレビューを紹介しました。

秋の安比高原は、恐竜パークやトランポリン、天空ブランコのおかげで子どもと楽しく山の散策ができます

紅葉を狙うなら、2024年も暑い夏が続くようれあれば、例年の情報よりも遅めの10月下旬以降を狙ってみてください。

夏シーズンの比べて手頃な料金でゴンドラにも乗れて、紅葉も楽しめたらとてもいい思い出になりますよ。